上平沢小学校 そばの種まき

上平沢小学校5年生18名が稲藤第一農業生産組合の方々の協力のもと、渡辺 朗さんの畑35aにそばの種蒔きをしました。
このそばの種蒔きは、総合学習の時間を利用し昨年から始まったもので、地域の特産物が出来るまでの様子を学習します。また、作っている人達の願いや思いを体験させる目的があるそうです。

種を蒔き、その上からホウキで土をかける作業をしました。一人ひとりが一生懸命頑張ったので、予定時刻よりも早く作業を終えることができました。 
畑にはぬかるんでいる場所があり、そこで転び泥だらけになってしまった児童もいました。

「土はぐちゃぐちゃしていたけど、楽しかった」という感想を多くの児童が話してくれました。

秋には収穫、そば打ち体験を予定しているそうです。

クリックで拡大