食の安全安心講演会「放射能と食中毒予防」

7月22日(日) 午前10時から、紫波町情報交流館(オガールプラザ内)で岩手県県民くらしの安全課 主任主査 佐藤 敦 氏 を講師にお招きし、「放射能と食中毒予防」について講演していただきました。

放射能については、放射線とは何なのか、人体に与える影響、新たな基準値など、詳しくお話していただきました。

食中毒予防は、これからの時期、特に気になるところですが、時期に関係なく発生していることや、家庭での発生率が一番高いということには驚きました。

食中毒を起こさないためには、
  1 付けない(二次・交差汚染予防)
  2 増やさない(温度管理の徹底)
  3 やっつける(十分な加熱)
    これらが大切です。

食中毒に関しては、特に身近な内容だったので参考になったようでした。

家庭での食中毒は、自分たちで防げます。料理の際は、気を付けましょう。

クリックで拡大

前の記事

食育活動者育成講座②