さなぶりのごちそうを作ろう!

水分公民館で、さなぶりの料理教室が行われました。

調理実習の前に、町栄養士の佐々木絵里子氏より「放射能の基礎知識」について講話をいただきました。
わかりやすいお話で、参加者はうなずきながら聴いていました。

調理実習には、岩手県食の匠の細川玲子氏を講師にお招きし、「季節のおこわ」「わらびの白和え」「えび飛りょう頭のお吸物」「もち粉でつくる大福」「きりせんしょ」作りが行われました。
途中、ガスが止まるというハプニングもありましたが、たくさんの美味しい料理が出来上がりました。

実習後に参加者は「とても勉強になった。普段買っている物を、一から作るのは達成感があってとても良い。今後の役に立つ」と、料理教室参加に満足していまいした。

クリックで拡大
えひ飛りょう頭のお吸物
クリックで拡大
できあがり

前の記事

食育活動者育成講座①