食の匠講習会

米粉料理の食の匠 細川玲子さんによる「よもぎもち」「山菜おこわ」作り講習会を取材しました。

「よもぎもち」は、餅によもぎを加え、つく時間を長くすることで、よもぎの緑色がきれいに出るそうです。
また、よもぎはもう少しすると、さらに香りが良くなるとのことです。

 今回の「山菜おこわ」には、こごみ、ふきを入れていましたが、この山菜だけにこだわらず、その時期にあるもので良いそうです。

できあがったものは、みなさんでおいしくいただきました。

参加者は30人程でしたが、リピーターが多かったです。

内容は未定ですが、次回の講習会は7月末~8月初めを予定しているそうです。

クリックで拡大
クリックで拡大

前の記事

産直情報

次の記事

農業体験実習